気になる真性包茎を治す

日本男性の多くが悩んでいる包茎は種類が3種類あります。
真性包茎の場合は早めに治すのが望ましいです。
真性包茎は亀頭を覆っている包皮の入り口部分が小さくなって亀頭が露出できない状態になります。
手で皮を剥こうとしても剥けないので、垢がたまりやすく感染症の原因にもなります。
仮性包茎の場合は日常生活に支障が出ませんが、真性包茎の場合は治療が必要です。
真性包茎の治療には手術による方法と薬物療法があります。
包皮の先に軟膏を塗って先端部分を柔らかくします。
軟膏を使った治療でも治らない場合は手術で包皮を切開して亀頭を露出させます。
大人の場合は部分的な麻酔を使って手術を行うので、日帰りも可能です。
病院で治療を受ける場合は、まず泌尿器科に相談をします。
手術をした後の見た目を重要視する場合は美容クリニックも選択肢に入ります。
上手な専門クリニックで手術を受けると、傷跡も目立たず自然な仕上がりが可能です。
男性器のトラブルは他人に言いにくいので独りで悩んでいる男性も多いですが、専門クリニックでは電話やメールでの無料相談も受け付けています。
カウンセリング前に包茎の治療について相談し詳しく知ることができるので便利です。

真性包茎をクリニックで治す

男性の悩みで多い包茎には種類が3つあり、そのひとつが真性包茎です。
真性包茎は陰茎の包皮が亀頭部分に被さっていたり包皮口が狭かったりして、包皮と亀頭が癒着を起こしている状態になります。
手で包皮をめくることができず、亀頭が常に包皮で覆われているので亀頭の成長が阻害されてしまいます。
真性包茎は包皮が亀頭に常に被った状態なので垢が溜まりやすいです。
勃起した場合に痛みが出ることもあり、性行為にも支障が出ることがあります。
十分な精子が射精できないこともあり、男性不妊の原因にもなります。
男性器が悪臭を出し早漏などの病気にもかかりやすくなるので、できるだけ早めに治すことが大切です。
包茎の手術は症状にもよりますが、通常は30分から50分くらいかかります。
痛みが心配で包茎の治療を躊躇している男性もいますが、包茎手術では麻酔を使うので痛みの心配はないです。
包茎手術には年齢制限がないですが、未成年者の場合は親の承諾が必要になります。
親が一緒にクリニックに行かなくても承諾書を持参すれば治療を受けられます。
高齢者でも施術を受けることは可能で、大手の専門クリニックの中には高齢者の手術実績が豊富なクリニックもあります。

真性包茎は放置せずに治す

真性包茎は包皮口が狭いので、亀頭を露出する事が出来ない状態の事です。
勿論そのまま放置しておく事は決して良い事ではなくて、放置すると衛生的にも良くないので治す事が必要不可欠です。
その場合の治療法として効果的なのは外科的な手術ですが、選ぶクリニックによっても手術方法は違うので、まずはどの方法で行ってもらえるかを調べましょう。
特に傷跡が気になる人は、包皮のとこを切除するかという事をチェックすると良いでしょう。
出来るだけ目立たない状態にしたいなら、根元付近で切除してもらえるタイプを選ぶ等です。

ただ、真性包茎は治したいけど、手術は心配だし、何より術後のケアが大変なんじゃないかと思っている人はいませんか。
確かに、手術後は抜糸をするまでは色々と気を付けるべき事があります。
ただ手術に関しては、他の治療の目的で行う時も注意点が色々と有るので、真性包茎の治療の為の手術だけが特別ではないと言う事を知っておくと良いでしょう。
基本的には術後のケアはクリニックの指示を守ると言う事、後は手術した当日は出来るだけ大人しくしておく事がポイントです。勿論細かな事は全てクリニックの方で教えてもらうことが出来るので、初めての事でドキドキしてしまうでしょうが、過剰に心配する必要はありませんよ。

真性包茎を治すための3つの方法

【真性包茎を治すための3つの方法】
(1)自分で改善法を実践① 「むきむき 」トレーニングをやってみる!
最終目標はペニスの皮(包皮)がむけるようになる事ですから、毎日少しずつ包皮を下方向(ペニスの根元方向)に
引っ張って徐々に改善していく方法です。
無理に強く引っ張ると怪我に繋がりますから、あくまでもちょっとずつやるのがポイントです。
お風呂などで濡らしながらだとやりやすいです。

(2)自分で改善法を実践② 包茎矯正器具を使ってみる!
ペニスの皮(包皮)がむけない主な理由は、包皮の先(包皮口)がペニスの先(亀頭)に比べて狭すぎることにあります。
つまり、包皮口が少し広がれば包皮はむけやすくなるんです。
その包皮口を広げるための器具が販売されています。
手頃な値段ですし、使い方も簡単なので、特に負担なく使えます。
ただ、(1)ー①と同じで、無理にやると怪我に繋がりますので、これもあくまでちょっとずつやりましょう。

(3)クリニック・病院で包茎矯正手術を受けてみる!
自力での改善法は精神的にも肉体的にも負担は少ないですが、時間もかかりますし必ず改善されるという保証もありません。
その点、クリニックなどで手術を受けるとすぐに真性包茎から卒業できます。
また、重度の真性包茎や、包皮と亀頭が癒着している場合などは、手術しなければ治らない場合もあるので、その意味でもクリニックなどを受診するのもオススメです。
最も一般的な包茎矯正手術は、包皮のうち余分な部分を手術で切除するというものです。
想像しただけで痛くなりますが、もちろん麻酔は使われますし、アフターケアも充実している所が多いので、そこまでの心配はいらないでしょう。

心配な真性包茎をクリニックで治す

包茎には様々な種類がありますが、真性包茎の場合は早めの治療が必要です。
感染症などのリスクがある真性包茎を早く治すことで、日常生活や性生活での心配がなくなります。
日本人は包茎の症状を抱えている人が多く、クリニックで治療を受ける患者の中には高齢者もいます。
包茎は亀頭が包皮で覆われている状態です。
男性器は男性ホルモンの影響で大きくなりますが、亀頭が包皮で覆われずに露出する人と露出しない人がいます。
亀頭が包皮で覆われている状態が包茎です。
包茎になると包皮と亀頭の間に汚れがたまりやすくなり、細菌が繁殖しやすくなって感染症や悪臭の原因になります。
友人に温泉や銭湯に誘われても包茎が気になり断ってしまう人もいます。
包茎の中でも真性包茎は保険の適用が可能です。
美容目的で美しく仕上げたい場合は自費診療になります。
クリニックで真性包茎の治療を受ける場合は、治療の内容と費用について事前に確認しておくことが重要です。
専門クリニックではカウンセリングの時に担当の医師から治療内容について説明があるので、治療で不安な点があれば納得できるまで説明を受けることができます。
最近はクリニックのホームページでメール相談を受け付けているクリニックも増えています。